よくあるご質問

Q1.「遠江屋」てなんて読むの?


A1.「とおとうみや ほんぽ」です。 遠江屋を営む加藤家の先祖が、江戸時代に遠江の国(現・静岡県浜松市)からやってきたことから、この名前がつけられました。




Q2.なんでせん「べ」いではなく、せん「ぺ」いなの?


A2.諸説あります。

  • 説1「方言」。長崎県では、煎餅のことを方言で「せんぺい」と言うことがあります。
  • 説2「中国語読み」。長崎市内の中華街には、「月餅(げっぺい)」というお菓子があります。この「餅」を「ぺい」と読むことに由来し、湯煎餅の読み方も「せんぺい」となった、というもの。 説3「米を使っていないから」。塩やしょうゆで味付けする、米からできた煎餅とは異なり、湯せんぺいは 小麦粉を使います。そこで、煎餅とは区別をするために「せんぺい」と呼ぶようになった、という説です。




Q3.「手焼き」と「機械焼き」、どう違うの?


A3.湯せんぺいそのものの素材の配合は同じです。 どちらもサクサクっと軽い歯ざわりが特徴ですが、手焼きの湯せんぺいは、くちどけの軽やかさが格段に違います。 お店に来て、ぜひ食べ比べてみてください。





お問い合わせ

​お電話でのお問合せ

0957-73-2155

​受付時間 8:30〜22:00

​定休日 不定休

メールでのお問合せ

下記フォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。

※一週間以上(土日・祝日除く)経っても当店から返信が届かない場合、大変お手数ですが、

お電話にてご連絡ください。

​店舗情報

住所:〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙317
TEL:0957-73-2155   FAX:0957-73-2156 

営業時間:AM8:30~PM10:00
定休日:不定休

取扱カード種類:なし

交通アクセス

長崎空港より バスで 120分
JR長崎駅より お車で 90分
JR諫早駅より お車で 50分 バスにて 70分
島鉄島原駅よりお車で 30分 バスにて 40分

雲仙温泉 遠江屋本舗

〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙317  TEL : 0957-73-2155 / FAX:0957-73-2156

お問合せ

下記フォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。

※一週間以上(土日・祝日除く)経っても当店から返信が届かない場合、大変お手数ですが、お電話にてご連絡ください。

遠江屋本舗  Copyright © tohtoumiya honpo  All Rights Reserved.